みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

06アフターサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第3473号 【 カラーチェッカー 】「その白ティー、黄ばんでいませんか?」

【企画公開日】2017 .10. 27.(金)

先日、3着1500円で白のTシャツを買ってきました。
洗濯後、洋服ダンスに入れると・・・、
「以前着ていた白ティーはこんなに黄ばんでいたのか!」
という驚きがありました。

妻には「高くないんだから、もっと頻繁に買い換えてください!」
と叱られますが、知らず知らずうちに黄ばむんだから、
難しいですよねー。

そこで、こんなアイデアを思いつきました。
黄ばみだけでなく、色柄も結構、褪せてきます。

▼【 カラーチェッカー 】

例えば、アパレルメーカーが提供するパターン。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
商品番号を入力すると使用前の生地のカラーが
ご覧にいただけます。
「黄ばんでる?」「色褪せた?」と感じたら、
写真にとって比較できます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

写真の撮り方を説明してスマホの画面上で
色合いを確認できます。

アパレルメーカーがこのサービスを提供する狙いは、
新商品の購入の促進です。

お客さんは「古くなったなぁ」と気づいたら、
購買意欲が高まりますからね。
気づかせるキッカケを作ります。

もう一つ、洗剤メーカーが提供するパターン。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
使用前に洋服を写真に撮り、
シーズン終了後に再び写真を撮って、
色落ち、黄ばみがないか確認してみましょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

同じように比較するサービスですが、
目的は洗剤が衣類を傷めないことを証明すること。

「白は白のまま」
「色柄はいつまでも美しく」

使用後の写真を撮らなくても、スマホの画面上に
表示して、実物と写真を比較することも可能です。
こちらの方が手間はかかりません。

「えっ、知らなかったの!?」
ということをお客に気づかせると
ビジネスチャンスが広がります。

★アイデアコンセプト★
『 気づき 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議