みんなの企画部

2546

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

06アフターサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第3445号 【 カンバック・スマホ・ネットワーク 】失くした、忘れた経験のある人は絶対に欲しい!

【企画公開日】2017 .9. 15.(金)

知人が新幹線内にスマホを忘れた話を聞きました。
スマホは見つかり、無事手元に届いたそうですが、
やはり鉄道会社には毎日膨大な数の忘れ物が届くらしく、
見つかっても「俺のだけ早く送ってくれ」と言っても
すぐに対応するのは難しいらしい。(そりゃそうだろう・・・)

また、忘れ物や落し物はどこで失くしたかわかれば、
見つかる可能性も高くなりますが、そもそも「どこで?」が
わからないから途方にくれるのです。

そこで、携帯電話会社にご提案。
こんな「ユーザーファーストサービス」はいかがでしょう。

▼【 カンバック・スマホ・ネットワーク 】

スマホを失くしたことに気づいたとします。
すぐに遠隔操作でスマホをロックし、悪用されないように
スマホのセキュリティを確保します。

スマホをロックしたと同時にスマホ画面に
こんな表示をします。
ーーーーーーーーーーーーーーー
このスマートフォンは◯◯社のユーザー様の物です。
拾われた方は◯◯社のショップへお持ちいただくか、
警察及び「拾得物」窓口にお渡しください。
《ユーザー認識番号00000》
ーーーーーーーーーーーーーーー
電車の中で忘れたとしたら、車内清掃の際に見つけ、
そのまま「拾得物」係へ。

「拾得物」係では◯◯社のユーザーのスマホは、
予め用意されていた◯◯社の梱包箱に入れて、
宅配便で本社へ送ります。

荷物は、定期的に◯◯社に届けられ、
契約していたユーザーへ◯◯社から連絡されます。

「コジマ様のスマホが拾得物として弊社に届いております」

画面の表示にある《ユーザー認識番号00000》は、
ユーザーがスマホのロックをした際に告知される番号で、
落とした場所がわかり、駅などで自分の物と迅速に
認識できるようにするための番号です。

よく物を落としたり、忘れたりする人は何度でもします。
そのため、拾得物が集まる鉄道や警察のほか、バス、
タクシー、ホテル、ショッピングセンターなどに
携帯電話会社が「カンバック・スマホ・ネットワーク」を
広げておき、ユーザーの万が一に対応してはいかがでしょう。

かつては通話エリアを競っていましたが、
今や機種や料金でも差別化はできませんから。

★アイデアコンセプト★
『 危機管理網 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。