みんなの企画部

2535

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

06アフターサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第3376号 【 MYgoodsシール 】自分の物という愛着が物を大切にさせる。

【企画公開日】2017 .6. 1.(木)

内閣府の世論調査によると、
「落とした物が傘などの安価で大量に流通している物については、
『捜さず諦める』人が約50%」だそうです。

正直、私も「確かになぁ」と実感。
特徴のない商品の場合は、探す時の説明も苦労しますし、
自分の物と証明することも難しいですよね。。。

そこで、ディスカウント店などの量販店こそ、
こんなサービスで「物を大切にする姿勢」を
示してはいかがでしょう。

▼【 MYgoodsシール 】

例えば、ディスカウント店で傘を購入したとします。
どこでも販売している透明のビニール傘。
購入した時に店員さんがこう言います。

店員「ご希望の方に『MYgoodsシール』を
   差し上げていますが、いかがですか?」

このMYgoodsシールは、ランダムな英数字が
印字されているシール。
(英数字は店舗側で一切管理しません)

使い方は、このシールを傘など購入した商品に貼り、
貼った状態をスマホで撮り、保存するだけ。

万が一、傘を紛失した時でも、
「傘の取手の部分にシールが貼ってあって、
 そこには<ABC1234・・・>と記載されています」

これだけで十分特徴が伝えられますよね。
拾った側もそのシールの存在で、
「大事な物」「管理されている物」と認識でき、
盗んだり廃棄せず、保管したり、届出します。

また、シールの英数字を「下4桁の数字が・・・」
と伝えればより簡単に探すことができます。

スマホ内の写真なら簡単に送信できますから、
必要とあれば相手先に送れます。

決してお店にとって売り上げを
上げるサービスではありませんが、
「物を大切するお店」という印象は、
「あのお店が買いたい」と思わせます。

★アイデアコンセプト★『 損して得とれ 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。