みんなの企画部

2535

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

06アフターサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第3085号 【 店頭取り寄せ楽々ツール 】知らない着信には出ない人もいるのです。

【企画公開日】2016 .3. 1.(火)

昨日、スポーツ店でトレーニンググッズを注文(取り寄せ)しました。
店頭でそのグッズが品切れだったことと、ネットで注文すると
送料(500円)かかるので、久しぶりに「取り寄せ」サービスを
利用しました。

店頭のサービスカウンターで注文用紙を書いている時に
ふと閃いたアイデアをきょうはご紹介します。
怪しい(知らない)着信番号には出ない人もいるのでは?

▼【 店頭取り寄せ楽々ツール 】

●スポーツ店で取り寄せの注文用紙に連絡先(携帯電話)を書いた時、
ふと気付きました。

私「この店の市外局番を覚えておかないといけないな・・・」

●なぜか? 私は身に覚えがない着信番号には出ないからです。
「市外局番」の理由は、電話が店舗の代表番号でない時も
多いからです。

●しかし、自分の携帯電話に登録がない番号からの電話って、
結構、警戒して出にくくないですか?

●そこで、注文用紙の「お客さま控え」の書類に、
「ご連絡はこの番号からいたします」と記載して、
掛かってくる番号をお客さまに知らせておくのはいかがでしょう?

●注文用紙は印刷された複写用紙を使うので「電話番号」は
店舗ごとに手書きで欄に書き込みでいいと思います。

●こうすることで、注文した品が届いた時、
お客さまに警戒されず、確実に連絡ができます。

●また、連絡をメールで受けたい方には、
「空メール→メールアドレス登録」方式はいかがでしょう。

●書類に手書きでメールアドレスを書いてもらうと、
経験上、書き間違いが多く、連絡ができないことも起きるからです。

そのため、QRコードなどを活用してメールアドレスを登録してもらいます。
※もちろん登録したメールアドレスは目的外利用は禁止です。

●また、メールアドレスを登録してもらった場合、確認メール上に、
「店頭に取りに来れない場合は下記より配送先をご登録ください」
とすれば、なお便利ですよね。注文はしたものの、
忙しくて店頭に行けないこともあります。

●今なら店頭にない時は、ネットで注文する人も多いと思いますが、
送料がかかったり、店頭より値段が高いと店頭での購入を
希望する人もいると思います。

●店頭でのお取り寄せが手間なく便利にできる方法を
お客さまが予め知っていたら、利用する方が増えると思います。

●また、品切れの場合でも「店頭特価で販売いたします」としたら、
さらに利用者が増えそうです。

●些細なサービスですが、来店客を逃さないためには、
こういう気遣いの積み重ねが大切です。

★アイデアコンセプト★『 心理的ネックの排除 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。