みんなの企画部

2422

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

06アフターサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第2776号 【 e-遅延証明書 】遅刻したらヤバいケースこそ、活用…。

【企画公開日】2014 .10. 24.(金)

今朝、電車に乗ろうと駅の改札に行くと駅員さんが一生懸命に
「遅延証明書」を配布していました。「遅延証明書」とは、
自社局の運行する列車・バスの遅延を公式に証明する目的で発行する証明書です。

(こんな証明書を発行するのって、律儀な日本人くらいじゃないかな…?)

ホームで電車を待っていると列のあちこちで「今電車が遅れていて…」と
遅れることをケータイで電話している人がいました。

多少の電車の遅れで遅刻するのは本人が悪い!と思いつつ、
遅刻したら“マジヤバい!”人にとってはヒヤヒヤものですね。。。

そこで、こんなサービスを考えてみました。
証明は「正式」で「正確」で「丁重」に限ります。

▼【 e-遅延証明書 】

●もし、電車に乗っている時に電車が止まってしまったとします。
しばらく車内で待っても一行に動く気配がありません。

●そんな時、車内放送が流れます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「誠にご迷惑をお掛けしております。
 ◯◯駅と◯◯駅間で事故が発生しました。
      :
 お急ぎの方は、今弊社ホームページで
 「遅延証明書」を発行しております。
 【◯◯鉄道 遅延証明書】と検索していただければ、
 電子版の『遅延証明書』がご利用できます」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《e-遅延証明書の利用の仕方》
(1)【◯◯鉄道 遅延証明書】で検索し、サイトにアクセスします。
(2)「e-遅延証明書」を表示し、《mail》をタッチすると
    サイト上から「e-遅延証明書」を添付したメールが送信できます。
   また、「e-遅延証明書」には、リアルタイムの運行状況から
   本人に現在位置まで表示できるサービスもあります。
(3)添付メールを送る際に必要な「丁重な文章例」も載せおり、
   コピー&ペーストして活用することができます。

●これなら大事な打ち合わせに遅れても多少言い訳が付きますよね。
(絶対効果があるとは言い切れませんが…)

●特に待つ側には、「今どうなっていて、いつ頃来れるか」がわからないと
余計イライラしてしまいますので、リアルタイムの運行状況と現在位置を
示すサービスは必要です。

●先日の台風19号では、JR西日本が交通機関を運休することを早くから
決定したことに賛否両論ありましたが、個人的には安全第一を優先したことは
いいことだと思います。また、事前に告知してくれたことで予定変更がしやすいです。

●今後、様々な事故や自然災害で臨機応変な運行が求められることを考慮すると、
「遅延証明書」の発行も「紙」のままでは対応しきれないかもしれません。

★企画の一番搾り★『 情報の共有化 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。