みんなの企画部

2535

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

06アフターサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2578号 【 コラボ・チケット 】食後はカフェでゆっくりコーヒーを。

【企画公開日】2013 .12. 16.(月)

ショッピングセンターのフードコートは、昼食時はすごい混雑していますね。
混んでいるとはわかりつつも、悲しいかな、人間の“生理現象”で混んでいる時(昼時)に
お腹が空くのです…。

大人だけなら我慢できますが、子ども連れだと混雑の中、正面突破しかありません。
子どもをなだめつつも行列に並んで食事を済ませます。

本当は食後にコーヒーでもゆっくり飲みたいのですが、
待っている方も多いので諦めて席を立ちます…と、そこでアイデアがひらめきました!
こんなサービスがあったら、回転が速くなるかも!?

▼【 コラボ・チケット 】

●フードコートの各お店のレシートに「ドリンク10%引き券」を付けるのです。
その「ドリンク10%引き券」は、フードコートとは別のフロアーにある「カフェ」店で使えます。
※フードコート各店もしくは、ショッピングセンターとこのカフェ店とのコラボ企画です。

●フードコート利用客は、食後に「ドリンク10%引き券」を持ってこのカフェ店へ行き、
コーヒーやジュースを10%引きで飲むことができます。
食後のドリンクは多くの人が欲しいですよね。

●実はこの「ドリンク10%引き券」は、
回転率をあげるためにこんな仕掛けがあります。

—————————
ドリンク引換期限 13:15まで
※食事の提供後1時間以内
—————————

●注文した料理が提供されて1時間以内であればこの割引が受けられます。
これにより座席の回転数がアップすることが期待できます。

●また、座席が空くということは、フードコートの各店も
それだけお客さんの利用が増えることになり、売り上げにも反映します。

●利用客の心理として、フードコートの座席が全部埋まり、
さらに立って待っている人が多いと、敬遠してしまいます。

●そのため、言葉は悪いですが、食事が終わった方から速やかに席を空け、
移動してくれると助かります。※チケット発行はランチタイム限定

●また、ドリンクチケットの利用に応じて発行した店舗へ、
多少でもマージンが還元されたら、なお、意欲的に協力したくなります。

●カフェ店では持ち帰りドリンクでも券が適用できたら、
カフェ店での座席が満席でも利用できます。

●各テナント同士は競合店になりますが、現在、入居しているショッピングセンター同士の
競合も激しさを増しています。ショッピングセンターを一つの街と考えて「魅力的な街作り」を
考えたら、こんな共同企画があっても良さそうです。

●最後に残るのは、利用者の支持を得たショッピングセンターです。

企画の一番搾り『 船上の争いより船の行く末を案ずる 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。