みんなの企画部

2535

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

06アフターサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第2428号 記念品化サービス ~ 使い古した物ほど愛着たっぷり ~

【企画公開日】2013 .5. 2.(木)

きょうのコラムにも書きましたが、長男がバッドを新調しました。

今まで使っていたバッドは、2年前に買ったバッドで長さも合わなくなり、
2年間毎晩のように打ち込んだので、ボロボロでした。
(少しエクボのような凹みもありました)

しかし、バッドを新調したからといって、
古いバッドを捨てる気にはなれません。。。

そこで、スポーツ用品店こそ、
こんなサービスはいかがでしょう。

新品の購入者には、無料でもいいかも?

▼『記念品化サービス』

●我が家を例にすると、使い古したバッドを「記念品」として、
部屋に飾れるように加工してくれるのはいかがでしょう。

【記念品アイデア その1】
アクリルケースにセットして、名前を入れてくれる。

【記念品アイデア その2】
壁掛けできるようにフックをつけて、
バックには厚紙が貼り付けてあり、
そこには、そのバッドで打っている写真が貼れる

【記念品アイデア その3】
グリップ部分を切断し、机に飾れるオブジェにしてくれる

●いずれも使い古した物を持参する必要がありますが、
こういうサービスをしてくれるお店なら、新品を買いたくなりませんか?

●思い出が詰まった物ほど、大事にしたいし、
きっと大人になった時、いい思い出になります。

そのため、子どもよりは親の方が記念に残したいかも。

●店頭に置いてある商品は、ほとんどがネットで買うことができます。
しかし、こういうサービスは、なかなかできないでしょう。

無料でなくても、それなりの価格でも喜ばれるかもしれません。

●野球でいえば、バッド、グローブ、スパイク、ユニホームもあります。
サッカーもスパイクやボールも思い出がいっぱい詰まっています。

●物を大切にすることを教えるためにも、今までがんばってきた努力を
自信に代えるにも、使い古した道具を大切に飾ることは大切かもしれません。

       ***企画の一番搾り***

     『 私だけの記念品化 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。