みんなの企画部

2495

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

06アフターサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第2387号 「お気軽に」の数字化 ~ 知ってても遠慮する方も多い ~

【企画公開日】2013 .3. 4.(月)

<<<< 「お気軽に」の数字化 >>>> 知ってても遠慮する方も多い。

【お気軽にお電話ください】

よく見かけるコピーですが、本当に気軽に電話をしていいのか、
迷いませんか?

例えば、自転車がパンクした時。

現在、多くの自転車屋は、「出張修理」をしてくれますが、
自転車をよく使う朝(通勤時間帯)や夕方に電話をしたら、
(忙しくて申し訳ないのでは…)と躊躇してしまいます。。。

社交辞令ではなく、本当に「お気軽に~」と思っている店舗なら、
こんな情報を公表してくれると、よりお店を頼りにしたくなります。

▼『「お気軽に」の数字化』

●例えば、店頭にこんな情報を掲載します。

———————————
 先週の出張修理件数(3/4~3/10)

   □パンク修理…12件
   □その他修理…4件
———————————

「毎日」では件数が少ない場合は、1週間分を集計して、
情報公開をいたします。

●この情報により利用者としては、

◎「実際に利用している人がいるんだ!」
◎「もし、何かあったら、電話してもいいんだ!」

という印象をお持ちます。

●この数字が多いか少ないかが問題ではなく、
「お気軽に」を実際の数値化したことに意義があります。

●店頭だけではなく、お店のトラックやホームページでも
マメに更新して情報を公開しておくことで、お店への信頼も高まります。

(「お気軽に」と言っておきながら、電話したら、無愛想だった)
という経験をした人もいると思います。

そのため、「その他修理」内容も、

「チェーンが外れた」
「ライトがつかない」

という、「えっ、そんなことでも呼んでいいの」という事例も
【先週の修理事例】として紹介したら、より気軽に連絡できます。
※料金一覧も一緒に掲載してあるとより親切です。

●まさに、サービスの「有言実行」ですね。

       ***企画の一番搾り***

    『 サービスの「有言実行」 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。