みんなの企画部

2456

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

06アフターサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

第2345号  サンタさんのお助け制度 ~ 子どもは迷うものです…。 ~

【企画公開日】2012 .12. 18.(火)

「コラコラ」

小2の次男が“この期に及んで”「(クリスマス)プレゼントかえようかな」
と言い出しました。それを聞いた妻が真っ青! だって、もう買ってあるから。。。

(あれほど念押ししたのに…苦笑)

まぁ、子どもに限らず、大人だって迷うことはありますよね。
(しかし、困りました…)そこで、こんな販促を思いつきました。

どこのお店も「通常サービス」としてあると思いますが、
あえて名前をつけて打ち出したら、安心して買える
“サンタさん”も多いのでは?

▼『サンタさんのお助け制度』

●オモチャ屋さんに限らず、ホームセンターなどでも
「レシートあり」「未開封」なら期限付きで
返金・交換サービスがあります。

●そこで、クリスマスの時期はあえてこのサービスを
販促PRに使ってはどうでしょう。

●例えば…
——————————————–
 もし、お子さんがサンタさんにお願いする
 プレゼントを変更したら…

 ご安心ください。当店では、
 ◎レシートあり
 ◎未開封
 ◎購入日から30日以内
 ◎購入店への持ち込み ※送付の場合は自己負担
 であればいつでも返金交換ができます。

 ご安心してご購入ください。
——————————————–

●人気商品となると、クリスマス1週間前では、
品切れになっていることが多く、“サンタさん”にとって
「買い時」はとても重要です。

●早く買いすぎても、子どもが変えた時に困ります。
そのため、こんな告知があると安心して早めに
買い置きできますよね。お店にとっても早めに
売れることはうれしいことです。

●万が一、返品が発生した時のために「キャンセル待ち」を
受け付けておけば、購入機会を逃すことも少なくなります。

●今はネットで検索して商品を探すことも当たり前ですので、
リアルタイムで「在庫(返品)状況」をアップすれば、
なお、売り逃しは減ります。

●お店側や企業側にとっては当たり前と思っていることでも
一般消費者には周知されていないこともあります。

●そのため、「あえて言わなくても」ということでも
キャンペーンやイベントの際に告知してみてはいかがでしょう。

●価格や特売より販促効果が高いこともあるかもしれませんよ。

       ***企画の一番搾り***

   『 (売り手側の)当たり前を疑う 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。