みんなの企画部

2544

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

06アフターサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2149号 持ち帰り専用ADキャリーバッグ ~ 会社帰りに買いたい方は特に便利 ~

【企画公開日】2012 .3. 1.(木)

最近はエキナカ(駅の中)をはじめ、駅周辺はお店が充実して、
会社帰りについ立ち寄りたくなることが増えました。

お店に入るといかんですね…、つい衝動買いをしてしまいます。
小物ならいいのですが、時々、持って買えるのに困るほど、
大きかったり、重かったり。

(電車に乗って帰らなければいけないのに…)

と思いつつ、特価販売や数量限定販売などは、特に弱い…。

そんな時、買い物をして持って買えるのを躊躇しない
こんなサービスはいかがでしょう。

送ってもらうには送料がかかり、せっかく安く買った意味がなくなりますし、
届くまで待てない方はぜひ。

▼『持ち帰り専用ADキャリーバッグ』

●そう、タイトル通り、買った商品を入れて自宅まで運ぶために使う
「キャリーバック」をお店が貸し出します。

◎買った商品が重い
◎買った商品が大きい
◎自分の手荷物が多く、持ち運びが不便
◎買った商品を他の人に見られたくない

など、こんな理由で購入者はお店からキャリーバックを借ります。

《貸し出し・返却手順》

1.商品購入の際に、レジで申請します。
  【貸し出し条件】は、会員限定。※未返却を防止するため

2.会計が終わった商品と一緒にキャリーバックを提供してくれます。

3.購入者は、商品をキャリーバックに詰めてお店を後にします。
  ※キャリーバックに詰める際は専用のスペースがあり、
   そこには、緩衝材が置いてあり、自由に使えます。

4.購入者は自宅まで商品を運んだ後、キャリーバックは、
  ご利用後3日以内に近くのコンビニに行き、宅配便で返送します。
  返却の際は、貸し出しの際にビニール袋にキャリーバックを包みます。
  ※配送途中は汚れますから

5.あるいは、宅配便を使わずに、お店まで持ってきてくれたお客さんには、
  謝礼として、会員ポイントがもらえます。

しかし、いくら顧客サービスとはいえ、宅配便を使ったらコストがかかります。

●そこで、キャリーバックには店名のほか、取り扱い商品のメーカー広告を
掲載します。あまり派手さや露骨さは避けたデザインで、利用者に配慮いたします。
キャリーバックのコストや返送時の送料は広告費で賄います。

●キャリーバックを利用する方の多くは、交通機関の利用者を想定しています。
そのため、多くの方と接し、特に電車の中でしたら、目が行くことがあります。

●また、お客さんが予めキャリーバックが借りれると知っていれば、
購入点数が多くなることも期待できます。

●有料貸し出しもありますし、デポジット方式も考えれます。
一定の購入金額以上は無料というサービスもありますが、
細かい条件はなくして、大胆に「とにかく無料で借りれる」と嬉しいですよね。

●駅周辺にお店があり、重い・大きい商品を扱っているお店には、
ぜひ欲しいサービスです。片手はスマホを操作したいという方にも
キャリーバックは便利そうです。

       ***企画の一番搾り***

   『 持ち帰りネックを排除する 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。