みんなの企画部

2543

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

06アフターサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2102号 おハガキ「楽しく遊べていますか?」 ~ GW前にお手紙を送ろう ~

【企画公開日】2011 .12. 9.(金)

昨年、長男がサンタさんにもらった野球盤が遊びすぎて壊れました。
ピッチャーからボールが出なくなったのです。そこで、妻がメーカーに電話したら、

「たくさん遊んでいただき、ありがとうございます」

と対応。早速、梱包し送ったら、翌週には修理されて戻ってきました。
対応の速さもさることながら、部品交換してくれたのに費用は無料でした。

電話対応から修理対応まで、とても感動し、また、このメーカーのオモチャが
買いたくなりました。やっぱりアフターサービスは大事ですよね。

そこで、こんなサービスを考えてみました。オモチャメーカーとして、
買ってもらうことより遊んでもらうことが大事ですよね。

▼『おハガキ「楽しく遊べていますか?」』

//// ここからはフィクションです ////

3月下旬の暖かくなってきた頃に、息子宛に一通のハガキが届きました。
ハガキにはこう書かれています。

——————————————–
 昨年のクリスマスにサンタさんからもらった
 オモチャ「○○○」は、楽しく遊べていますか?

 もし、たくさん遊んだために動かなくなっていただら、
 サンタさんにかわって動くようになおします。
——————————————–

オモチャを購入して3ヶ月が経った3月ころにこんなハガキを送ります。
※ハガキの送付は購入者(親)が依頼すれば送ってくれます。

さらに、ハガキにはさらにこんなことが書かれています。

——————————————–
 お友だちは、こんな遊び方で遊んでいますよ。
 お父さん、お母さんにお願いして、観てみてください。
——————————————–

そのオモチャで遊んでいる様子がケータイかパソコンで
動画で観ることができます。

ハガキをママに読んでもらった息子は、再びオモチャを
オモチャ箱からひっぱりだしてきて、遊びはじめました。

///// フィクションはここまで /////

●このハガキはアフターサービスが目的ですが、
オモチャに飽きた頃に、再度、オモチャの楽しさを知ってもらい、
遊んでもらうことも狙いにあります。

●子どもは結構飽きっぽくて、クリスマスのプレゼントのオモチャも
正月が終わる頃には、飽きてほったらかしになっていることもあります。

●再び遊んでもらうことで、そのオモチャの関連商品が欲しくなるかもしれません。
また、3、4月頃ならGWにみんなが集まった時に、再び熱が入り、
遊んでくれるかもしれません。

●ものづくり企業で販売することも大切ですが、
やっぱり子どもの笑顔を創ることが一番ですね。

●使い捨ての時代が終わり、モノを大事にする時代になり、
アフターサービスは商品品質と共に重要な選択基準になりました。

●子どもはオモチャを選びますが、親は企業を選ぶようになるかもしれません。

       ***企画の一番搾り***

  『 サプライズ付きアフターサービス 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。