みんなの企画部

2545

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

06アフターサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

第1559号 手間なし輪検サービス ~年に一度は、輪検しよう~

【企画公開日】2009 .8. 20.(木)

最近、自宅付近の田舎でも自転車に乗る人が増えたように感じます。
車で行っていた距離でも、いざ自転車で走ってみると結構近く感じます。

車がビュンビュンすれ違う街よりも、自転車が行きかい、
挨拶する風景に溢れる街の方が、温かさを感じますよね。

さて、たくさんの人が自転車を乗り始めると、いろいろな問題も生じます。
その一つが自転車に詳しくない人が故障したまま自転車に乗り続け、事故を起すこと。
ブレーキの効きが悪い、ライトがつかない、ネジが緩んでいる。

自動車の場合は車検が義務付けられていますが、自転車はありません。
そこで、こんなサービスが普及すると、より安心して自転車が乗れます。

▼『手間なし輪検サービス』

私の携帯電話に1通のメールが入りました。近所の自転車屋さんです。

 ——————————————————-
  輪検の時期が近づきました。8月20日~26日の期間で検査
  させていただきます。現在、朝10時~12時で駐輪している
  場所をご連絡ください。 コジマサイクル 店主コ小島より
 ——————————————————-

●この自転車屋さんは、年に1回自動車でいう車検を実施してくれます。
自転車の検査なので「輪検」といいます。

●輪検では、ブレーキの効き、空気圧、ライトの点灯有無、ギアの調整などを
無料で実施してくれます。毎日足代わりで自転車を利用している私には
とても助かっています。

●輪検を受ける時は、自転車屋さんにもっていかなくても受けることができます。
それが、先ほどのメール。

●私は、毎日通勤で最寄の駅にとめるので、駅の駐輪場を連絡しました。
もちろん、どの当たりにとめているかも詳しく連絡します。

●すると、自転車屋さんは期間中の指定時間(例:朝10時~12時)に来て、
輪検をしてくれます。

●自転車屋さんは、駐輪場で私の自転車を見つけると(シールで判別)、
その場で簡易検査をしてくれます。もし、故障箇所があり、その場で
処置できない場合は、預けてあった鍵を使い、近くに駐車した作業車へ
持っていき、修理してくれます。

●そして、作業が終わると、自転車のシールを張替えて、
私に点検終了メールを送ってくれます。

●これだったら、喜んで受けたいですよね。

●自転車屋さんは比較的時間のある平日の昼間を利用して作業します。

●自転車は、特殊な自転車でない限り、車のようにモデルチェンジをしたから、
買いなおそうという商品ではありません。そのため、購入が一巡すると需要が減ります。

●そんな時、こういうサービスでお客さんと繋がりをもっていることは
大きなメリットになります。

●また、駐輪場では皆、自分の自転車を探しますので、自転車屋さんのシールも

 ———————————–
  安心!快走!の輪検サービス付き
  コジマサイクル 052-221-5661
 ———————————–

と、広告付きのシールにしたら、目立ちますよね。携帯サイトなどで、
「輪検」を紹介できると、より効果が期待できます。

●これからは、いいものを長く使う、という時代になりそうです。
商売もその流れにシフトしていく必要がありそうです。

***今日の企画一番搾り***

『いいものを長く使うためのサービス』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。